• 会社概要
  • 施工実績
  • マンション管理
  • 庭木の手入れ
  • お庭の手入れ
  • お問い合わせ
  • 求人情報
  • 個人情報保護法について
  • 品質・環境方針
縄文(土舗装)
縄文時代の古代たたきを再現 縄文
※新技術情報提供システム(通称 NETIS:New Technology Information System)
直轄事業及び補助事業に係わらず公共工事に活用できる技術を可能な限り網羅する国土交通省内のデータベースです。
民間企業などで開発された有用な新技術を評価・登録します。

概 要

ヤヨイバインダーは、自然に存在するミネラル成分を主体とした山砂専用の無機質特殊固化材です。

ヤヨイバインダーと施工現場に近い場所で採取可能な真砂土を一定の割合で混合、混練りし、50mm以上の厚さで打設する工法を『縄文(当社商品名)』(ヤヨイバインダー土舗装システム)と言います。真砂土を現地調達する事でコストダウンが期待できます。

特 徴

1. 景観
■土本来の色や風合いがそのまま生かされ、目に優しく自然の景観になじむ。
■耐久性、衝撃性に優れ、滑りにくく風でほこりがたたない。
■洗い出しや玉砂利などの組み合わせができ、さまざまな仕上りが可能。
2. 温暖化現象の抑制
■徐々に水分が蒸発することで地表を冷却する性能を蓄え、
 アスファルト舗装に起因する、ヒートアイランド現象の低減に効果がある。
3. 透水効果
■雨水を緩やかに透過、地下に循環し樹木に給水が出来る。
■水溜まりが出来にくく、土面のぬかるみ防止。
4. 保水効果
■保水性に優れ雨水を地面に蓄え乾燥を防ぎ樹木を守る。
5. 環境
■主原料は天然の土を利用しており、無公害。(六価クロム溶出試験0.01mg/リットル未満)
■現地・各地域の真砂土を有効活用でき、運搬コストの低減。
■不用になった場合、細かく砕き土として利用や、化粧土として再利用することができる。

「ヤヨイバインダー工法:縄文」は、環境問題を考えて開発された工法。
 昔懐かしい「土」の風合いと、現代の技術を結合させた新しい歩道舗装システムです。

セメント系の土仕上げ材の欠点である白華現象(白っぽくなる)がほとんどなく土本来の美しさが長期間持続します。

「ヤヨイバインダー工法・縄文」は、公園や遺跡・史跡などの歩道、ガーデニング、
 また建築アプローチなど幅広くご利用いただけます。

土を強固に固めますので、耐久性に優れ、すべりにくく、風でほこりがたたず、雨にぬかるみません。

施工例:神奈川処理区
今井川せせらぎ緑道整備工事

施工例: せせらぎ公園一部整備工事

施工例:せせらぎ公園一部整備工事

「ヤヨイバインダー工法・縄文」は、環境にやさしい「エコロジー商品」です。

天然の土を利用しているため無公害なので安全です。さらに不用になった場合は細かく砕き土として利用や、化粧土として再利用することができます。
土特有の保水性を有し雨水を地下循環しヒートアイランド現象の低減に効果があるため、温暖化防止対策にも期待が持てます。

現地の真砂土を利用できるため、その地域特有の土色や質感をそのまま生かすことができ、
周囲の環境にしっくりなじみます。

湿式工法の為、傾斜部分や法面への吹付け施工も可能です。

さまざまな表面処理が可能です。

カラーバリエイション

COLOR No.1046(基本色)

COLOR No.1040

COLOR No.1044

COLOR No.1030

※商品の色は、実物と多少違うことがあります。

工法概要図

「ヤヨイバインダー工法・縄文」の諸物性

ヤヨイバインダー 曲げ・圧縮強度

JISR5201「セメント物理試験方法」の強さ試験に準じ、供試体寸法を4cm×4cm×16cmとし、
@材齢28乾燥、A凍結融解50サイクル乾燥、B凍結融解50サイクル乾燥湿潤において試験を行った。

材 齢 条 件 圧縮強度(Kgf/cm2) 曲げ強度(Kgf/cm2)
山砂80kg 山砂100kg 山砂80kg 山砂100kg
@28日乾燥 乾燥 150〜180 130〜150 30〜40 25〜35
A凍結融解50サイクル後
 乾燥状態
乾燥 150〜180 130〜150 20〜40 20〜30
B凍結融解50サイクル後
 湿潤状態
湿潤 120〜150 90〜110 20〜30 20〜30

原料:茨城県笠間市真砂土使用

ヤヨイバインダー工法:縄文と他素材との路面表面温度の比較

夏季屋外暴露/測定日:2002年8月5日/晴れ

11:30に一時くもりとなる。前日に降雨あり。

ヤヨイバインダーの化学成分

Al2O3 SiO2 CaO Fe2O3 TiO2 K2O Na2O MgO P2O5 ZrO2 MnO Cr2O3 So3

ヤヨイバインダ−工法・縄文 横浜市優良表彰も受賞

天然真砂土で歩道舗装
横浜庭苑(株)(青葉区)が開発した、天然の真砂土を使った土歩道舗装システム『ヤヨイバインダ−工法・縄文』が、横浜市発注(国庫・神奈川処理区今井川せせらぎ緑道整備その3)の工事に採用され、優良施工表彰を受賞するなど評価を得ている。

同工法は、天然の真砂土と特殊な凝固剤により練り固めたもので、昔懐かしい「土」本来の色や風合がそのまま生かされ、セメント系の白華現象がほとんどなく、美しさを維持する。また、土を強固に固めるため、耐久性、衝撃性に優れ、滑りにくくほこりも立たない。洗い出しや玉砂利などの組み合わせができ、池や流れの造形も容易でさまざまな仕上りが可能。

(平成16年1月27日付け 建通新聞神奈川 掲載)

「縄文」のご質問は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせ
ページTOPへ